Wi-Fiの速度を上げる方法、速度が遅い場合の対処法とは

 

今回はWi-Fiの速度を上げる方法、Wi-Fiの速度が遅い場合の対処法についてポイントをまとめてご紹介します。

Wi-Fiの電波の強度が弱かったり、通信速度が遅い場合は、大きく分けると原因が3つあります。

Wi-Fiルーターの設置場所が悪いか、電波干渉を受けている場合か、子機と呼ばれる無線LANに接続している側の端末機器に原因があるかです。

これら大きな3つの要因により、電波が弱くなったり、速度が遅いといったことがある場合、どんな対処方法があるのか見ていきましょう。

 

Wi-Fiルーターの設置場所が悪い

 

そもそもWi-Fiルーターの設置に向いていない場所でWi-Fiルーターを設置している場合は、日常的に通信速度が遅くなったり、電波が途切れたりといったことがある場合が多いです。

逆に言えばWi-Fiルータの置く場所を適切な場所にするだけで、通信回線の状況は大きく変わります。

まず基本的にWi-Fiルーターの端末は、本体を中心に全方向に無線LANの電波を飛ばすという構造になっています。

ですのでWi-Fiのルーターの周りに遮蔽物があると、全方位に飛ばしている電波が妨害されて、電波の強度が落ちてしまいます。

さらにWi-Fiルーターを設置している建物の構造も重要です。

もし自宅がコンクリートなどでできている建物や、特に集合住宅やマンションなどが当てはまりますが、家の中心部にWi-Fiルータをおいても、遠く離れている部屋まで電波が届かず遅くて弱い電波を受信している場合があります。


Wi-Fiルーターの設置場所が悪い場合は、対処法がいくつかあります。

1番大切なポイントは、ルーター周りの障害物です。

ルーター周りに、大きな壁や、ドアや家具などがある場合は、設置場所を変えてみましょう。

基本的にWi-Fiルーターを設置する理想的なポイントは家の中心部分になりますが、なるべく床から1メートルから2メートルの高さのところにWi-Fiルーターを設置することをお勧めします。

 

電波の干渉を受けている場合

 

モバイルWi-Fiは、多くの家電製品と同じ2.4の周波数が使われています。このため同じ周波数を使う電子機器からの電波の影響を受け、Wi-Fiの速度が遅くなったり、電波が弱くなって安定しなくなるのです。

例えばインターホンやドアホン、そしてテレビのリモコンも無線LANルーターやワイヤレス機器等と同様に電波干渉します。

電波の干渉を受けている場合に取れる対策は、なるべく無線LANルーターの近くに家電を設置しないことです。逆に言えば家電の近くにWi-Fiルーターを設置しないことともいえます。

ただし、例えばお住まいのご自宅がワンルームなので、どうしてもWi-Fiルーターの近くに家電製品が多くある場合はどうしたらいいんでしょうか?

この場合は、使う周波数帯を変更するという方法があります。

たとえば先ほど説明した通り、2.4GHzの周波数帯は多くの家電で使用されています。そのため最近のモバイルWi-Fiルーターは、2.4GHzと5GHzの周波数帯を選べる機種が多いです。

ですので接続するアクセスポイントとして、周波数帯を2.4GHzから5GHzの周波数帯で接続すれば、電波干渉を避けられるのです。

 

接続している、無線LANの子機に原因がある場合

 

Wi-Fiルーター側ではなく、接続している端末機器のほうに不具合や問題がある場合は、故障している場合が多いため、この場合は、修理をするほか方法がありません。

 

その他の改善策、Wi-Fiのルーターのアップデート

 

これはWi-Fiのルーターだけではなく、接続する側のスマートフォンや、パソコンまたタブレットなど全てにおいてアップデートはとても大切です。

例えば古いままのWi-Fiルーターを使い続けているといった場合は、このWi-Fiルーターの製造業者の公式サイトなどから、製品に関わる電波強化や速度を上げるためのアップデートの情報がニュースでリリースされているケースもあります。それらを確認して、アップデートが必要な場合は速やかにアップデートを行ってください。

 

Wi-Fiルーターの再起動

 

基本的な動作になりますが、何か通信の調子が悪くなったときには、ぜひ試みてほしい対策方法です。

Wi-Fiルーターの電源を切って、10秒ほど時間を置いてから、再び電源を入れることで、状況が改善される場合があります。

 

使っていないアプリは終了する

 

利用していないアプリをたくさん同時に起動させていることで、通信速度が遅くなっているケースがあります。

この場合は利用していないアプリを終了することをお勧めします。

利用していないアプリをバックグラウンドで立ち上げたままにしていると、利用していないにもかかわらずデータの取得等で通信を使用するため、回線速度に影響与えてしまうのです。使用していないアプリはなるべく終了させてください。

 

Wi-Fiルーターの同時接続端末の数を減らす

 

Wi-Fiルーターを使用するメリットでもある、複数端末の接続ですが、あまりにも多くの端末を接続しすぎると、かえって通信速度が遅くなったり速度の低下につながります。Wi-Fiルーターの仕様書などをよく読み、同時に接続できる端末数の数を超えないようにしましょう。

また、今すぐに利用しない端末機器の接続も控えることをお勧めします

 

まとめ

 

このように速度低下の改善対策はいくつかあります。是非いろいろためしてみてください。

さらに速度チェックなども行って、実際どれくらいの速度が確保されているのか調べてみることもお勧めします。この際、参考にしていただきたいのは、最低限動画をみたり、調べ物をするといった快適にインターネットを利用する際に必要な速度は下りが10〜30Mbpsの通信速度があれば快適だと覚えていると便利です。

 

Wi-Fiの周波数帯について、2.4GHzと5GHzの違いとは?

 

今回は無線LANの電波について2.4GHzと5GHzの違いについてわかりやすくご紹介します。

 

2.4GHzと5GHzの違い

 

無線LANには電波が使われています。

電波には種類があり、無線LANにはいくつかの周波帯が利用されていますが、これまではの2.4GHzの電波が主に使用されていました。

最近は5GHz帯の電波も使用されるようになりましたので、旧式のWi-Fiを利用している方以外は選べます。

ですので無線LANの機器にはそれぞれ2.4GHzに対応しているものと、2.4GHzと5GHzの両方に対応しているものの2つのタイプがあるということです。

ではこの2.4GHzと5GHzは一体何が違うのでしょうか?

これまで特に気にせずモバイルWi-Fiルータを利用されていた方にも、ぜひこの機会に、この2つの周波帯の違いを上手に使って、より快適なインターネット環境接続環境を楽しんでいただきたいと思います。

  • チャンネル

まずWi-Fiの基礎知識として、Wi-Fiにはチャネルと呼ばれるものがあります。

チャネルとはデータの送受信に必要な周波数の幅のことを意味します。無線LANでは無線LANの機器同士でデータの送受信をするためには、同じチャネルを使用する必要があります。

ですので例えば、Wi-Fiのアクセスポイントが複数がある場合や、電子レンジなどの家電製品を使っている場合などは、電波干渉を起こす可能性が高くなります。(これについての詳しい理由は後ほど説明します。)

この時に、他のチャネルに変更すれば電波干渉を起こさずに、通信回線を上手に使うことができます。

主にWi-Fiで利用する周波帯は、2.4GHzと5GHzですが、この周波帯を細かく複数に分割したそれぞれの番号がチャネルでと呼ばれています。


2.4GHzには13チャネルあります。


1チャンネルあたりの幅は20MHz、22MHzなどがあります。

 

  • それぞれのチャネルに対応しているWi-Fiルーターの規格

Wi-Fiの規格は、Wi-Fi Allianceが定めたIEEE802.11で表されます。

2.4GHz帯を使う規格には「IEEE802.11b/11g/11n」があります。そして、5GHz帯を使う規格には「IEEE802.11a/11n/11ac」があります。

規格ごとに使えるチャネルの幅が違うのです。

例えば、従来のWi-Fiでは、チャンネル幅が20MHzですが、11nでは40MHzを使い、11acでは80MHzや160MHzのチャンネル幅が使えます。難しく考えることは必要ありませんが、それぞれ使うチャネル幅が異なるとイメージしてください。

規格ごとの使えるチャンネル幅をそれぞれ一覧でまとめてみます。

規格   チャネル幅
IEEE802.11b22MHz
IEEE802.11a20MHz
IEEE802.11g20MHz
IEEE802.11n20MHz/40MHz
IEEE802.11ac80MHz/160MHz

 

「回折」

電波は、波で作られていますが、波には回折するという特徴があります。

これは周波数つまり波長の長さが関係しています。ですので波長の長いものは障害物があっても回り込んで伝わっていきやすいです。

逆に波長の短いものは回り込む性質より直進性と呼ばれるものが高くなります。

そして周波数は低ければ低いほど波長が長く、高ければ高いほど短くなります。

この結果2.4GHzの方が回折しやすく、5GHzは2.4GHzに比べると直進性があり、障害物に弱いと言われるのはこのためです。

つまり2.4GHzは電波の干渉が多いデメリットがありますが、障害物にはとても強くて、5GHzは電波の開始干渉は少ないメリットがあります。同時に直進性もありますが、障害物には弱いと言うデメリットがあるのです。

 

2.4GHzと5GHz5の特徴

これらチャネルと回折という要素から、2.4GHzと5GHzはそれぞれ特徴が異なるため、状況に応じて良いほうを選択します。

2.4GHz は 様々な製品でとてもよく使われている周波帯です。

無線LANルーター以外にも、電子レンジ、コードレス電話、無線のマウス・キーボード、Bluetoothなどでも使用される帯域なので、電波の干渉が起きやすくなります。

電波干渉が起きると、「通信速度が遅い」

「安定しない」とか、「接続できない」などのトラブルにつながります。


5GHzは無線LAN以外では、使用されることがほとんどないといわれている電波帯です。

ですので電波干渉が起きにくく、その分安定した通信が可能です。ちなみに5GHzのチャンネルは19チャンネルあります。

  • 2.4GHzと5GHzを選ぶ

周波数帯を切り替えると言うとなんだか難しくイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、切り替え方はとても簡単です。

最近のモバイルWi-Fiルーターは、2つの周波数帯の電波が使えるものが多いので、状況に応じて、自分の環境によりあった周波数帯を選べばいいのです。

まずWi-FiルーターのSS IDを確認してみましょう。

最近のWi-Fiルーターは、本体の裏側や側面などにSS IDと暗号キーと呼ばれる英数字の文字列がそれぞれ書いてあります。これを見ればどちらの周波数帯がどんなSS IDなのかはすぐにわかるはずです。SS IDの文字列をよく見ると、文字列の途中に、アルファベットの「G」や「A」があるはずです。

この「G」や「A」といった文字の違いが周波数帯の違いを意味します。

Aの場合は5GHzの電波でGが2.4GHzの周波数帯電波になります。

そして自分で2.4GHzと5GHzを選択するだけで、使えるようになります。

 

まとめ

 

このように切り替え方はとても簡単ですので、是非状況に応じて最適な周波帯を選んで利用することをお勧めします。