Wi-Fiの速度を上げる方法、速度が遅い場合の対処法とは

 

今回はWi-Fiの速度を上げる方法、Wi-Fiの速度が遅い場合の対処法についてポイントをまとめてご紹介します。

Wi-Fiの電波の強度が弱かったり、通信速度が遅い場合は、大きく分けると原因が3つあります。

Wi-Fiルーターの設置場所が悪いか、電波干渉を受けている場合か、子機と呼ばれる無線LANに接続している側の端末機器に原因があるかです。

これら大きな3つの要因により、電波が弱くなったり、速度が遅いといったことがある場合、どんな対処方法があるのか見ていきましょう。

 

Wi-Fiルーターの設置場所が悪い

 

そもそもWi-Fiルーターの設置に向いていない場所でWi-Fiルーターを設置している場合は、日常的に通信速度が遅くなったり、電波が途切れたりといったことがある場合が多いです。

逆に言えばWi-Fiルータの置く場所を適切な場所にするだけで、通信回線の状況は大きく変わります。

まず基本的にWi-Fiルーターの端末は、本体を中心に全方向に無線LANの電波を飛ばすという構造になっています。

ですのでWi-Fiのルーターの周りに遮蔽物があると、全方位に飛ばしている電波が妨害されて、電波の強度が落ちてしまいます。

さらにWi-Fiルーターを設置している建物の構造も重要です。

もし自宅がコンクリートなどでできている建物や、特に集合住宅やマンションなどが当てはまりますが、家の中心部にWi-Fiルータをおいても、遠く離れている部屋まで電波が届かず遅くて弱い電波を受信している場合があります。


Wi-Fiルーターの設置場所が悪い場合は、対処法がいくつかあります。

1番大切なポイントは、ルーター周りの障害物です。

ルーター周りに、大きな壁や、ドアや家具などがある場合は、設置場所を変えてみましょう。

基本的にWi-Fiルーターを設置する理想的なポイントは家の中心部分になりますが、なるべく床から1メートルから2メートルの高さのところにWi-Fiルーターを設置することをお勧めします。

 

電波の干渉を受けている場合

 

モバイルWi-Fiは、多くの家電製品と同じ2.4の周波数が使われています。このため同じ周波数を使う電子機器からの電波の影響を受け、Wi-Fiの速度が遅くなったり、電波が弱くなって安定しなくなるのです。

例えばインターホンやドアホン、そしてテレビのリモコンも無線LANルーターやワイヤレス機器等と同様に電波干渉します。

電波の干渉を受けている場合に取れる対策は、なるべく無線LANルーターの近くに家電を設置しないことです。逆に言えば家電の近くにWi-Fiルーターを設置しないことともいえます。

ただし、例えばお住まいのご自宅がワンルームなので、どうしてもWi-Fiルーターの近くに家電製品が多くある場合はどうしたらいいんでしょうか?

この場合は、使う周波数帯を変更するという方法があります。

たとえば先ほど説明した通り、2.4GHzの周波数帯は多くの家電で使用されています。そのため最近のモバイルWi-Fiルーターは、2.4GHzと5GHzの周波数帯を選べる機種が多いです。

ですので接続するアクセスポイントとして、周波数帯を2.4GHzから5GHzの周波数帯で接続すれば、電波干渉を避けられるのです。

 

接続している、無線LANの子機に原因がある場合

 

Wi-Fiルーター側ではなく、接続している端末機器のほうに不具合や問題がある場合は、故障している場合が多いため、この場合は、修理をするほか方法がありません。

 

その他の改善策、Wi-Fiのルーターのアップデート

 

これはWi-Fiのルーターだけではなく、接続する側のスマートフォンや、パソコンまたタブレットなど全てにおいてアップデートはとても大切です。

例えば古いままのWi-Fiルーターを使い続けているといった場合は、このWi-Fiルーターの製造業者の公式サイトなどから、製品に関わる電波強化や速度を上げるためのアップデートの情報がニュースでリリースされているケースもあります。それらを確認して、アップデートが必要な場合は速やかにアップデートを行ってください。

 

Wi-Fiルーターの再起動

 

基本的な動作になりますが、何か通信の調子が悪くなったときには、ぜひ試みてほしい対策方法です。

Wi-Fiルーターの電源を切って、10秒ほど時間を置いてから、再び電源を入れることで、状況が改善される場合があります。

 

使っていないアプリは終了する

 

利用していないアプリをたくさん同時に起動させていることで、通信速度が遅くなっているケースがあります。

この場合は利用していないアプリを終了することをお勧めします。

利用していないアプリをバックグラウンドで立ち上げたままにしていると、利用していないにもかかわらずデータの取得等で通信を使用するため、回線速度に影響与えてしまうのです。使用していないアプリはなるべく終了させてください。

 

Wi-Fiルーターの同時接続端末の数を減らす

 

Wi-Fiルーターを使用するメリットでもある、複数端末の接続ですが、あまりにも多くの端末を接続しすぎると、かえって通信速度が遅くなったり速度の低下につながります。Wi-Fiルーターの仕様書などをよく読み、同時に接続できる端末数の数を超えないようにしましょう。

また、今すぐに利用しない端末機器の接続も控えることをお勧めします

 

まとめ

 

このように速度低下の改善対策はいくつかあります。是非いろいろためしてみてください。

さらに速度チェックなども行って、実際どれくらいの速度が確保されているのか調べてみることもお勧めします。この際、参考にしていただきたいのは、最低限動画をみたり、調べ物をするといった快適にインターネットを利用する際に必要な速度は下りが10〜30Mbpsの通信速度があれば快適だと覚えていると便利です。