縛りなしプランと縛っちゃうプランの比較

 

モバイルWi-Fiルーターの業界の中でも、1ヵ月からのレンタルのサービスが利用できるといったことで縛りなしWiFiはとても注目を浴びました。そして2019年の5月から縛りなしWiFiは、従来の縛りなしプランと、縛っちゃうプランという2種類のプランを用意しました。長期間で利用する人向けに作ったプランであるという事ですが、実際どちらのプランを選んだらいいのか迷っている方に、今回はわかりやすくこの点を中心にご紹介したいと思います。

 

「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」の比較

 

縛りなしWiFiのプラン一覧

 縛りなしプラン縛っちゃうプラン
月額料金3,300円2,800円
契約期間なし3年
契約解除料なし15,000円
端末WiMAX or SoftBank601HWシリーズ
端末紛失・故障 水没時弁済金39,800円なし

 

縛りなしWiFiのメリットデメリットについて

 

それでは縛りなしWiFiのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

  • 契約期間の縛りがない

縛りなしWiFiの最大の魅力は、契約期間の縛りがないことです。

通常のプロバイダー契約であれば、2年間や3年間といった契約期間の縛りがありますが、1ヵ月以上の利用さえすれば、縛りなしWiFiはどのタイミングで解約するのも自由です。

ただし1ヵ月以内での解約はできないので注意が必要です。

とりあえずいろんなモバイルWiFiを試したいという方には特にオススメです。

 

  • 契約期間の縛りがある縛っちゃうプランについて

縛りなしWiFiに新しく登場したこの縛っちゃうプランのメリットは、契約期間を3年間に設定する代わりに月額の料金がとても安くなることです。

上料金を見てもわかる通り、契約期間がない場合の月額料金は3300円でした。

これに対して縛っちゃうプランの場合は月額が2800円に抑えられます。長期間でレンタルすることを考えれば、最初から長期間利用したいユーザにはオススメのプランとなります。ただし契約期間に縛りがあるプランですので、途中で解約をする場合は15,000円の違約金が発生する点はデメリットです。

さらに途中契約期間中の解約については、この違約金とは別に、契約残月数×1,200円の端末代金を支払う必要もあります。解約をするタイミングにはとても注意が必要です。

 

  • 初期費用や違約金が無料

縛りなしWiFiの契約期間がないプランを選択した場合は、初期費用や違約金がかかりません。端末が発送される際の送料も必要ないので、実質0円でモバイルWi-Fiをレンタルすることができます。初期費用をなるべく抑えたい方に特にオススメです。

 

  • 料金が安い

さらに縛りなしWiFiのメリットの1つはその料金の安さです。

縛りなしWiFiはレンタルのサービス会社ですので、月額の課金制です。

参考に他のレンタル業者のサービスと料金面を比較していきましょう。

 

それぞれ1ヵ月間の料金で比較をしていきます。

縛りなしWiFiの縛りなしプランは月額が3300円です。縛っちゃうプランだと月額料金は2800円です。そして送料は無料です。

FujiWiFiのサービスは月額料金は縛りなしWiFiより安い、3200円ですが、送料が500円必要ですし、別途初期費用として2000円が必要です。さらに楽天市場では月額の利用料金が5400円とさらに往復の送料は無料となっています。

DMMでは月額の料金が5300円でこちらも往復の送料は無料となっています。1ヵ月間の端末レンタルにおける料金を比較していくと、縛りなしWiFiが最も安いということになりますが、注意が必要なのは、縛りなしWiFiは1ヵ月以内のレンタルができない点です。

縛りなしWi-Fiは解約の申し出の翌月が解約となるため最低でも1ヵ月のレンタルであっても、実質は2ヶ月分の料金の6600円が必要となりますので、1ヵ月以内での利用を希望する場合は、楽天やDMMのサービスを利用する方がお得といえます。

 

  • 最短で翌日の発送が可能

縛りなしWiFiは、12時までに申し込みの受付がをすれば、最短で翌日に発送が可能です。しかも初回の端末の送料は無料です。ただし受け取り時間の指定はできないので注意しましょう。

 

  • 月間のデータ通信量が無制限である

しばしWi-Fiは月間のデータ使用量が無制限です。

縛りなしプランの場合は、WiMAXがソフトバンクのポケットWi-Fiのどちらかを選べますが、どちらを選んでも月間の通信料が無制限ですので、データ量を気にせずに利用できるのは魅力です。

ただし速度制限には注意が必要です。

WiMAXの場合は3日で10GB以上通信すると翌日の夜間に一時的に速度制限が発生し、さらに、縛りなしWiFiの契約において、LTE回線を併用するWiMAXのハイスピードプラスエリアモードへの切り替えは原則禁止となっています。

別途1,005円支払えば、切り替えが可能となります。

さらに注意が必要なのは、ハイスピードプラスエリアモードのLTE回線を利用する場合は、月間7 GB以上通信すると128kbpsの通信制限のがかかります。

ソフトバンクの場合は1日で3GB以上通信すると速度制限があります

 

それぞれのメリットとデメリットを比べて、できる限りいいプランを選びたいですね。

 

「縛りなしプラン」とは 

 

縛りなしWiFiとは定額で利用でき、かつ契約期間に縛りのない日本国内専用のレンタルWi-Fiに特化したサービスです。

月額の利用料金が3300円で利用可能だということで最近注目を浴びています。

縛りなしWiFiは、その名の通り契約期間による縛りがないことが大きなメリットです。サービスに満足がいかない場合はすぐに解約ができます。今回はこの縛りなしWiFiについて、さらにプランについても詳しくわかりやすくご紹介していきます。

 

縛りなしWiFiについて

 

縛りなしWiFiでは、WiMAXやソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターがレンタルで利用できます。レンタルですから、当然レンタル期間が終了した際には返却する必要があります。

そして縛りなしWiFiは契約期間に縛りがないことも特徴です。

通常のモバイルWi-Fiであれば、契約期間に縛りがあるものが多く、途中で解約した場合は違約金の発生があります。ただしこの縛りなしWiFiであれば、最低利用期間の1ヵ月を利用するだけでどのタイミングでも解約ができるのです。

 

縛りなしWiFiをお勧めする人の特徴

 

  • すぐに解約できるサービスを探している人

モバイルWi-Fiサービスが数多くあるので、どれを選んだらいいのか迷うほどですね。

特にモバイルWi-Fiルーターのサービスを初めて利用する場合に、サービスの利用に不満があった場合に、できればすぐに簡単に解約ができるサービスを探している方には、縛りなしWiFiはお勧めです。

契約期間に縛りがないサービスである故に、実際に使ってみてサービスに不満が出たり、モバイルWi-Fi自体を必要なくなった時にいつでも解約ができる点はとても便利です。

契約期間に縛られず、また違約金を払う必要がないサービスはとてもお勧めです。

 

  • 機種にこだわらない人

縛りなしWiFiはレンタルに特化したサービスを行っていますが、レンタルができるモバイルWi-Fiの端末は選ぶことができません。

あくまでもレンタルサービスなので提供される機種端末に限りがあるのです。

特定の機種や、通信速度にこだわりがあって、最新の端末が使いたいという希望がある方にはお勧めできないサービスとなっています。

機種端末が選べない点が縛りなしWiFiのデメリットといえますね。

逆に言えば、通信の速度に特にこだわりがなく、端末機種も使えればどれでも良いといった方にはとてもオススメなサービスとなります。

 

  • 短期間でのみ利用したい方

モバイルWi-Fiルーターを、長期間ではなく、短時間のみの利用して契約したい方は、この縛りなしWiFiが特にオススメです。

ちなみに短時間の利用をする方にお勧めの縛りなしWiFiですが、1ヵ月以上利用する必要があるため、1ヵ月間のみのレンタルは不可だということです。

どういうことかというと、仮に1っか月以内の利用であっても、縛りなしWiFiは解約を申し出た出た月の翌月が解約月となるため最低でも2か月分の料金である6600円が必要になるということです。

1ヵ月間のみ、もしくは1ヵ月以内で解約をしたい方は例えば楽天やYahoo!そしてDMMでのレンタルサービスを利用する方が料金的にはお得です。

 

縛りなしプランとは

 

縛りなしプランでは、ソフトバンクのポケットワイファイかWiMAXのどちらかのサービスをレンタルで利用できます。どちらのサービスを選んでも通信制限はありません。WiMAXを選択した場合は3日間で10 GBの速度制限があり、ソフトバンクの回線であるポケットワイファイを利用した場合は1日3 GBの通信制限が設定されています。

縛りなしプランというのは、月額が3300円のみで利用できるプランです。初期費用は0円です。無料期間はありません。

契約期間に縛りもなく、端末の送料は無料です。端末の紛失や故障等が発生した場合また水没時の弁済金という料金がありこちらの場合は39,800円となります。

契約解除料金は発生しません。選べる端末はWiMAXもしくはソフトバンクのポケットWi-Fiとなります。

 

縛りなしWiFiのデメリットについて

 

先ほども説明の中に出てきましたが、もし万が一端末を落下させて破損してしまったり、水没させたり、紛失してしまった場合などは高額の端末弁済金が発生します。

端末弁済金の金額は39,800円です。さらにもしSIMカードの再発行が必要な場合は、3000円を加算されて請求されます。注意すべきは、利用者が過失によって端末の故障させた場合には最大で42,800円の金額を支払わなければいけない可能性があるという点です。レンタルしている端末を壊してしまったりした場合にこの弁済金が気になる方には、安心サポートプランをお勧めしています。

 

安心サポートプランについて

 

月額で500円を支払えば、万が一故障させてしまったといった場合に端末弁済金の39,800円が、10,000円で済むサービスです。

さらに縛りなしWiFiの、縛りなしプランには、使う端末機種を自由に選ぶことができません。あくまでも縛りなしWiFiが取り扱う機種の中から選ぶことしかできないのです。

選べる端末の種類は基本的に以下の4種類です。

Speed Wi-Fi NEXT WX05(WiMAX)

Speed Wi-Fi NEXT W04(WiMAX)

Pocket WiFi 603HW(SoftBank)

Pocket WiFi 502HW(SoftBank)