縛りなしプランと縛っちゃうプランの比較

 

モバイルWi-Fiルーターの業界の中でも、1ヵ月からのレンタルのサービスが利用できるといったことで縛りなしWiFiはとても注目を浴びました。そして2019年の5月から縛りなしWiFiは、従来の縛りなしプランと、縛っちゃうプランという2種類のプランを用意しました。長期間で利用する人向けに作ったプランであるという事ですが、実際どちらのプランを選んだらいいのか迷っている方に、今回はわかりやすくこの点を中心にご紹介したいと思います。

 

「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」の比較

 

縛りなしWiFiのプラン一覧

 縛りなしプラン縛っちゃうプラン
月額料金3,300円2,800円
契約期間なし3年
契約解除料なし15,000円
端末WiMAX or SoftBank601HWシリーズ
端末紛失・故障 水没時弁済金39,800円なし

 

縛りなしWiFiのメリットデメリットについて

 

それでは縛りなしWiFiのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

  • 契約期間の縛りがない

縛りなしWiFiの最大の魅力は、契約期間の縛りがないことです。

通常のプロバイダー契約であれば、2年間や3年間といった契約期間の縛りがありますが、1ヵ月以上の利用さえすれば、縛りなしWiFiはどのタイミングで解約するのも自由です。

ただし1ヵ月以内での解約はできないので注意が必要です。

とりあえずいろんなモバイルWiFiを試したいという方には特にオススメです。

 

  • 契約期間の縛りがある縛っちゃうプランについて

縛りなしWiFiに新しく登場したこの縛っちゃうプランのメリットは、契約期間を3年間に設定する代わりに月額の料金がとても安くなることです。

上料金を見てもわかる通り、契約期間がない場合の月額料金は3300円でした。

これに対して縛っちゃうプランの場合は月額が2800円に抑えられます。長期間でレンタルすることを考えれば、最初から長期間利用したいユーザにはオススメのプランとなります。ただし契約期間に縛りがあるプランですので、途中で解約をする場合は15,000円の違約金が発生する点はデメリットです。

さらに途中契約期間中の解約については、この違約金とは別に、契約残月数×1,200円の端末代金を支払う必要もあります。解約をするタイミングにはとても注意が必要です。

 

  • 初期費用や違約金が無料

縛りなしWiFiの契約期間がないプランを選択した場合は、初期費用や違約金がかかりません。端末が発送される際の送料も必要ないので、実質0円でモバイルWi-Fiをレンタルすることができます。初期費用をなるべく抑えたい方に特にオススメです。

 

  • 料金が安い

さらに縛りなしWiFiのメリットの1つはその料金の安さです。

縛りなしWiFiはレンタルのサービス会社ですので、月額の課金制です。

参考に他のレンタル業者のサービスと料金面を比較していきましょう。

 

それぞれ1ヵ月間の料金で比較をしていきます。

縛りなしWiFiの縛りなしプランは月額が3300円です。縛っちゃうプランだと月額料金は2800円です。そして送料は無料です。

FujiWiFiのサービスは月額料金は縛りなしWiFiより安い、3200円ですが、送料が500円必要ですし、別途初期費用として2000円が必要です。さらに楽天市場では月額の利用料金が5400円とさらに往復の送料は無料となっています。

DMMでは月額の料金が5300円でこちらも往復の送料は無料となっています。1ヵ月間の端末レンタルにおける料金を比較していくと、縛りなしWiFiが最も安いということになりますが、注意が必要なのは、縛りなしWiFiは1ヵ月以内のレンタルができない点です。

縛りなしWi-Fiは解約の申し出の翌月が解約となるため最低でも1ヵ月のレンタルであっても、実質は2ヶ月分の料金の6600円が必要となりますので、1ヵ月以内での利用を希望する場合は、楽天やDMMのサービスを利用する方がお得といえます。

 

  • 最短で翌日の発送が可能

縛りなしWiFiは、12時までに申し込みの受付がをすれば、最短で翌日に発送が可能です。しかも初回の端末の送料は無料です。ただし受け取り時間の指定はできないので注意しましょう。

 

  • 月間のデータ通信量が無制限である

しばしWi-Fiは月間のデータ使用量が無制限です。

縛りなしプランの場合は、WiMAXがソフトバンクのポケットWi-Fiのどちらかを選べますが、どちらを選んでも月間の通信料が無制限ですので、データ量を気にせずに利用できるのは魅力です。

ただし速度制限には注意が必要です。

WiMAXの場合は3日で10GB以上通信すると翌日の夜間に一時的に速度制限が発生し、さらに、縛りなしWiFiの契約において、LTE回線を併用するWiMAXのハイスピードプラスエリアモードへの切り替えは原則禁止となっています。

別途1,005円支払えば、切り替えが可能となります。

さらに注意が必要なのは、ハイスピードプラスエリアモードのLTE回線を利用する場合は、月間7 GB以上通信すると128kbpsの通信制限のがかかります。

ソフトバンクの場合は1日で3GB以上通信すると速度制限があります

 

それぞれのメリットとデメリットを比べて、できる限りいいプランを選びたいですね。