光回線とモバイル回線、選択すべきなのはどちらなのか?

 

今回はインターネットの契約を考えている方に、光回線とモバイル回線のどちらがいいか迷っている方で、縛りなしWiFiと光回線を比較しながらどちらにメリットとデメリットがあるのかわかりやすくまとめてみます。

 

モバイル回線と光回線の違いについて

 

モバイル回線も光回線もインターネットだから同じようなものじゃないのと思ってる方には、実はこの両者は全く異なると言う事についてわかりやすく簡単にまとめておきます。

光回線の場合は、自宅からルーターまでは有線のケーブルで繋がれています。そして自宅内では無線でもインターネットが利用可能となります。自宅からルーターまでの有線の接続に対してモバイルWi-Fiはすべて無線電波でつながります。

モバイル回線と光回線の違いについて今回比較するのは光回線ではNURO光でモバイルWi-Fiは縛りなしWiFiです。

 

NURO 光

 

戸建ての場合の月額料金は4743円です

マンションの場合の月額料金は1900円から2500円となっています。

キャッシュバック額は35,000円通信速度は下りが最大下り最大2Gbpsです。

割引特典はスマホ割でソフトバンクユーザは毎月最大1000円引きです。

それぞれについて詳しくご紹介する前にNURO光の申し込み先の代理店は数多くあります。ただしなるべくお得な申込先は公式サイトからの申し込みとなります。

それでは具体的にそれぞれを見ていきましょう。

 

  • 料金

無線LANとセキュリティーのサービスがついて戸建て向けの料金は月額4743円で利用できます。これがベーシックプランとなります。

マンションの場合は、無線LANがついてマンション内の利用人数に応じて1900円からとなります。すでにNUROの設備が導入されているマンションではこの価格からになりますが、マンションにNUROの設備は導入されていない場合は月額4743円からとなります。もしマンションなどの集合住宅にお住まいの方は、自分の住んでいるマンションに設備が導入されているかどうかをNURO光の公式ホームページからチェックすることができます。

  • 通信速度

光回線の最大のメリットともいうのがこの超高速の通信速度です。国際標準規格であるGPONの採用と、NURO 光用に開発されたホームゲートウェイを組み合わせ、個人宅向け商用サービスで下り最大2Gbpsを実現しています。

GPONとはPON(Passive Optical Network)の略です。1芯の光ファイバーを複数ユーザーで共用する伝送技術で、これは光回線ならではの技術です。圧倒的な回線速度の根幹をなすものです。

  • 特典

もし引っ越し先なので回線工事の導入まで待てないけれどもインターネットが利用したいといった場合にはNURO光ではすぐに使えるWi-Fiレンタルのサービスも提供しています。NURO光に申し込みの方であれば急な引っ越しなのでインターネット環境が必要な場合に、すぐに使えるWi-Fiレンタルサービスを通常料金であれば無制限プランの場合1ヵ月のレンタル料金は6480円ですが、こちらは特別価格の3980円でレンタルできるということです。

さらにNURO光では月額500円でトライアルというサービスも設けています。

新規の申し込みの方を対象にワンコイン体験と言うことで最大3ヶ月500円から事務手数料無料で工事費実質無料さらに設定のサポートまで無料でついていると言うサービスです。開通月を含む3ヶ月以内の解約の場合も焼きや工事費の残滓は一切ないと言う特典があります。

  • 回線工事

光回線のデメリットといえるのがこの回線工事です。

申し込みをしてから日程を調整した後で実際工事が始まりこの工事が終わった後に利用開始となるのですが、公式ホームページによると現在の工事期間の目安が1~2ヶ月程度となっています。さらにNTT西日本エリアの方は工事状況により1~2ヶ月工事にさらに時間がかかる可能性があります。

 

縛りなしWiFiについて

 

今回モバイルWi-Fiとして参考にするのは縛りなしWiFiです

縛りなしWiFiは定額で利用できる契約期間に縛りがない国内専用のレンタルWi-Fiです。

  • 料金について

契約期間に縛りもなく初期費用もなしで月額3300円ですが縛っちゃうプランの場合はさらに月学が2800円となります。ちなみに縛りなしプランは永年3300円でこちらは契約期間に縛りになりたくない方に、そして縛っちゃうプランは長く安く使い方に永年2800円となっています。

  • 通信速度

Wi-Fiの機器によって速度が異なりますが例えばWiMAXの機種ですかと下り最大440Mbpsとなっています。

  • 特典

外出先で使えるのがモバイルWi-Fiの最大のメリットですが、縛りなしWiFiの場合は外出先での利用が多い方のためにモバイルバッテリーを月額300円で利用できます。

  • 回線工事

不要です。モバイルWi-Fiが届いたその日から簡単な設定だけで利用できます。

 

まとめ

 

圧倒的な通信速度と通信の安定性を優先するならば光回線がお勧めです。月額料金を抑えたい方や手軽に外出先でもインターネットを利用したい方にはモバイルWi-Fiがかなりメリットがあります。

 

Wi-Fiの速度を上げる方法、速度が遅い場合の対処法とは

 

今回はWi-Fiの速度を上げる方法、Wi-Fiの速度が遅い場合の対処法についてポイントをまとめてご紹介します。

Wi-Fiの電波の強度が弱かったり、通信速度が遅い場合は、大きく分けると原因が3つあります。

Wi-Fiルーターの設置場所が悪いか、電波干渉を受けている場合か、子機と呼ばれる無線LANに接続している側の端末機器に原因があるかです。

これら大きな3つの要因により、電波が弱くなったり、速度が遅いといったことがある場合、どんな対処方法があるのか見ていきましょう。

 

Wi-Fiルーターの設置場所が悪い

 

そもそもWi-Fiルーターの設置に向いていない場所でWi-Fiルーターを設置している場合は、日常的に通信速度が遅くなったり、電波が途切れたりといったことがある場合が多いです。

逆に言えばWi-Fiルータの置く場所を適切な場所にするだけで、通信回線の状況は大きく変わります。

まず基本的にWi-Fiルーターの端末は、本体を中心に全方向に無線LANの電波を飛ばすという構造になっています。

ですのでWi-Fiのルーターの周りに遮蔽物があると、全方位に飛ばしている電波が妨害されて、電波の強度が落ちてしまいます。

さらにWi-Fiルーターを設置している建物の構造も重要です。

もし自宅がコンクリートなどでできている建物や、特に集合住宅やマンションなどが当てはまりますが、家の中心部にWi-Fiルータをおいても、遠く離れている部屋まで電波が届かず遅くて弱い電波を受信している場合があります。


Wi-Fiルーターの設置場所が悪い場合は、対処法がいくつかあります。

1番大切なポイントは、ルーター周りの障害物です。

ルーター周りに、大きな壁や、ドアや家具などがある場合は、設置場所を変えてみましょう。

基本的にWi-Fiルーターを設置する理想的なポイントは家の中心部分になりますが、なるべく床から1メートルから2メートルの高さのところにWi-Fiルーターを設置することをお勧めします。

 

電波の干渉を受けている場合

 

モバイルWi-Fiは、多くの家電製品と同じ2.4の周波数が使われています。このため同じ周波数を使う電子機器からの電波の影響を受け、Wi-Fiの速度が遅くなったり、電波が弱くなって安定しなくなるのです。

例えばインターホンやドアホン、そしてテレビのリモコンも無線LANルーターやワイヤレス機器等と同様に電波干渉します。

電波の干渉を受けている場合に取れる対策は、なるべく無線LANルーターの近くに家電を設置しないことです。逆に言えば家電の近くにWi-Fiルーターを設置しないことともいえます。

ただし、例えばお住まいのご自宅がワンルームなので、どうしてもWi-Fiルーターの近くに家電製品が多くある場合はどうしたらいいんでしょうか?

この場合は、使う周波数帯を変更するという方法があります。

たとえば先ほど説明した通り、2.4GHzの周波数帯は多くの家電で使用されています。そのため最近のモバイルWi-Fiルーターは、2.4GHzと5GHzの周波数帯を選べる機種が多いです。

ですので接続するアクセスポイントとして、周波数帯を2.4GHzから5GHzの周波数帯で接続すれば、電波干渉を避けられるのです。

 

接続している、無線LANの子機に原因がある場合

 

Wi-Fiルーター側ではなく、接続している端末機器のほうに不具合や問題がある場合は、故障している場合が多いため、この場合は、修理をするほか方法がありません。

 

その他の改善策、Wi-Fiのルーターのアップデート

 

これはWi-Fiのルーターだけではなく、接続する側のスマートフォンや、パソコンまたタブレットなど全てにおいてアップデートはとても大切です。

例えば古いままのWi-Fiルーターを使い続けているといった場合は、このWi-Fiルーターの製造業者の公式サイトなどから、製品に関わる電波強化や速度を上げるためのアップデートの情報がニュースでリリースされているケースもあります。それらを確認して、アップデートが必要な場合は速やかにアップデートを行ってください。

 

Wi-Fiルーターの再起動

 

基本的な動作になりますが、何か通信の調子が悪くなったときには、ぜひ試みてほしい対策方法です。

Wi-Fiルーターの電源を切って、10秒ほど時間を置いてから、再び電源を入れることで、状況が改善される場合があります。

 

使っていないアプリは終了する

 

利用していないアプリをたくさん同時に起動させていることで、通信速度が遅くなっているケースがあります。

この場合は利用していないアプリを終了することをお勧めします。

利用していないアプリをバックグラウンドで立ち上げたままにしていると、利用していないにもかかわらずデータの取得等で通信を使用するため、回線速度に影響与えてしまうのです。使用していないアプリはなるべく終了させてください。

 

Wi-Fiルーターの同時接続端末の数を減らす

 

Wi-Fiルーターを使用するメリットでもある、複数端末の接続ですが、あまりにも多くの端末を接続しすぎると、かえって通信速度が遅くなったり速度の低下につながります。Wi-Fiルーターの仕様書などをよく読み、同時に接続できる端末数の数を超えないようにしましょう。

また、今すぐに利用しない端末機器の接続も控えることをお勧めします

 

まとめ

 

このように速度低下の改善対策はいくつかあります。是非いろいろためしてみてください。

さらに速度チェックなども行って、実際どれくらいの速度が確保されているのか調べてみることもお勧めします。この際、参考にしていただきたいのは、最低限動画をみたり、調べ物をするといった快適にインターネットを利用する際に必要な速度は下りが10〜30Mbpsの通信速度があれば快適だと覚えていると便利です。

 

Wi-Fiの周波数帯について、2.4GHzと5GHzの違いとは?

 

今回は無線LANの電波について2.4GHzと5GHzの違いについてわかりやすくご紹介します。

 

2.4GHzと5GHzの違い

 

無線LANには電波が使われています。

電波には種類があり、無線LANにはいくつかの周波帯が利用されていますが、これまではの2.4GHzの電波が主に使用されていました。

最近は5GHz帯の電波も使用されるようになりましたので、旧式のWi-Fiを利用している方以外は選べます。

ですので無線LANの機器にはそれぞれ2.4GHzに対応しているものと、2.4GHzと5GHzの両方に対応しているものの2つのタイプがあるということです。

ではこの2.4GHzと5GHzは一体何が違うのでしょうか?

これまで特に気にせずモバイルWi-Fiルータを利用されていた方にも、ぜひこの機会に、この2つの周波帯の違いを上手に使って、より快適なインターネット環境接続環境を楽しんでいただきたいと思います。

  • チャンネル

まずWi-Fiの基礎知識として、Wi-Fiにはチャネルと呼ばれるものがあります。

チャネルとはデータの送受信に必要な周波数の幅のことを意味します。無線LANでは無線LANの機器同士でデータの送受信をするためには、同じチャネルを使用する必要があります。

ですので例えば、Wi-Fiのアクセスポイントが複数がある場合や、電子レンジなどの家電製品を使っている場合などは、電波干渉を起こす可能性が高くなります。(これについての詳しい理由は後ほど説明します。)

この時に、他のチャネルに変更すれば電波干渉を起こさずに、通信回線を上手に使うことができます。

主にWi-Fiで利用する周波帯は、2.4GHzと5GHzですが、この周波帯を細かく複数に分割したそれぞれの番号がチャネルでと呼ばれています。


2.4GHzには13チャネルあります。


1チャンネルあたりの幅は20MHz、22MHzなどがあります。

 

  • それぞれのチャネルに対応しているWi-Fiルーターの規格

Wi-Fiの規格は、Wi-Fi Allianceが定めたIEEE802.11で表されます。

2.4GHz帯を使う規格には「IEEE802.11b/11g/11n」があります。そして、5GHz帯を使う規格には「IEEE802.11a/11n/11ac」があります。

規格ごとに使えるチャネルの幅が違うのです。

例えば、従来のWi-Fiでは、チャンネル幅が20MHzですが、11nでは40MHzを使い、11acでは80MHzや160MHzのチャンネル幅が使えます。難しく考えることは必要ありませんが、それぞれ使うチャネル幅が異なるとイメージしてください。

規格ごとの使えるチャンネル幅をそれぞれ一覧でまとめてみます。

規格   チャネル幅
IEEE802.11b22MHz
IEEE802.11a20MHz
IEEE802.11g20MHz
IEEE802.11n20MHz/40MHz
IEEE802.11ac80MHz/160MHz

 

「回折」

電波は、波で作られていますが、波には回折するという特徴があります。

これは周波数つまり波長の長さが関係しています。ですので波長の長いものは障害物があっても回り込んで伝わっていきやすいです。

逆に波長の短いものは回り込む性質より直進性と呼ばれるものが高くなります。

そして周波数は低ければ低いほど波長が長く、高ければ高いほど短くなります。

この結果2.4GHzの方が回折しやすく、5GHzは2.4GHzに比べると直進性があり、障害物に弱いと言われるのはこのためです。

つまり2.4GHzは電波の干渉が多いデメリットがありますが、障害物にはとても強くて、5GHzは電波の開始干渉は少ないメリットがあります。同時に直進性もありますが、障害物には弱いと言うデメリットがあるのです。

 

2.4GHzと5GHz5の特徴

これらチャネルと回折という要素から、2.4GHzと5GHzはそれぞれ特徴が異なるため、状況に応じて良いほうを選択します。

2.4GHz は 様々な製品でとてもよく使われている周波帯です。

無線LANルーター以外にも、電子レンジ、コードレス電話、無線のマウス・キーボード、Bluetoothなどでも使用される帯域なので、電波の干渉が起きやすくなります。

電波干渉が起きると、「通信速度が遅い」

「安定しない」とか、「接続できない」などのトラブルにつながります。


5GHzは無線LAN以外では、使用されることがほとんどないといわれている電波帯です。

ですので電波干渉が起きにくく、その分安定した通信が可能です。ちなみに5GHzのチャンネルは19チャンネルあります。

  • 2.4GHzと5GHzを選ぶ

周波数帯を切り替えると言うとなんだか難しくイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、切り替え方はとても簡単です。

最近のモバイルWi-Fiルーターは、2つの周波数帯の電波が使えるものが多いので、状況に応じて、自分の環境によりあった周波数帯を選べばいいのです。

まずWi-FiルーターのSS IDを確認してみましょう。

最近のWi-Fiルーターは、本体の裏側や側面などにSS IDと暗号キーと呼ばれる英数字の文字列がそれぞれ書いてあります。これを見ればどちらの周波数帯がどんなSS IDなのかはすぐにわかるはずです。SS IDの文字列をよく見ると、文字列の途中に、アルファベットの「G」や「A」があるはずです。

この「G」や「A」といった文字の違いが周波数帯の違いを意味します。

Aの場合は5GHzの電波でGが2.4GHzの周波数帯電波になります。

そして自分で2.4GHzと5GHzを選択するだけで、使えるようになります。

 

まとめ

 

このように切り替え方はとても簡単ですので、是非状況に応じて最適な周波帯を選んで利用することをお勧めします。

 

夜にインターネット回線が遅くなる理由と解決策とは?

 

インターネットを夜にすると、昼に比べて遅く感じる時がありませんか?通信速度が遅いと予定していた作業や情報収集、見たい動画が視聴できないなど非常にストレスになります。そもそもなぜ夜にインターネットの通信速度が遅く感じるでしょうか?

そこで、今回はインターネットが夜遅い原因とその解決策を紹介したいと思います。

 

実際本当に遅いのか?

 

夜にインターネットを利用して遅いと体感した人は実際どのくらい遅いのか?実測数値でまずは確かめることをおすすめします。

その方法としては回線速度を簡単に計測するサイトを使い、具体的数値を確認します。

例:BNRスピードテスト、ブロードバンドスピードテスト

上り(アップロード)・・・データをアップロード・メールの送信

下り(ダウンロード)・・・Webの閲覧、動画の視聴・データのダウンロード・メールの受信

見方としては、特に下り(ダウンロード)の数値に注目するとわかりやすいですが、通常20Mbps以上の数値が出ていれば問題がありませんがそれ以下の場合は遅いことになります。遅いと感じる時間帯にまずは確認しましょう。

 

インターネットの通信速度が遅い理由

 

インターネッの通信速度が遅い理由はいくつか挙げられます。まずは自分が取り巻くネット環境を確認してみましょう。

  • インターネットをする時間帯

インターネットをする時間帯が最も多いのは20時~24時の間。仕事や学校が終わりホッとする時間帯にインターネットをする人が集中します。その時の状況としては、ネットを繋ぐ通信回線が時間帯によって集中することで混雑を引き起こしています。

道路でいえば人気のスポットに行くために車が集中し、交通渋滞を起こしている状態。そのため車がノロノロ運転になり、速度が落ちるのと同様に通信速度が非常に遅くなります。

  • 住んでいる住居形態

一戸建てと集合住宅では大きく違います。一戸建ての場合、通信回線をその家に対してダイレクトに1回線使えますが、マンションのような集合住宅の場合、1回線を各世帯に分岐させるため、各世帯当たりの通信速度が一戸建てに比べ遅くなります。

  • インターネットで使う周辺機器

インターネットができる通信機器は日々進化をしています。例えばPCのOS、Windowsが内蔵されている場合、Windows98・XPなどは最新のWeb環境に合っていないため動作が重く遅いと感じます。

また、LANケーブルが古い状態の場合、劣化や故障、更には規格が古いと本来の力を発揮できない可能性があります。さらにセキュリティソフトを複数インストールしていると重たくなる原因ですので確認しましょう。

  • プロバイダーや回線の違

プロバイダー会社によっては通信速度を遅くなる原因になります。プロバイダーとはインターネットと家庭で利用する場合にそのネットを繋げるための仲介業者のことです。この仲介業者であるプロバイダーがキャパオーバーすると先ほどの交通渋滞を引き起こし、通信速度が遅くなります。

更に周辺地域の方が同じ回線を使っている場合でも速度が遅くなります。

 

通信速度を速くする改善策

 

インターネットの通信速度を速くするための改善手順として

  • 現状の回線速度の実測値を昼間と夜の混雑時の時間帯で比較し把握しておく
  • ネット周辺の回線機器を確認して再度速度を測定してみる
  • 回線業者とプロバイダー業者の検討
  • ③を改善した場合の同じ条件での実測値を測定

 

  • 実測値を確認

先ほども触れましたが、昼間の空いている時間帯と混雑する条件での実測値をまずは比較確認。現状の数値を確認し、この数値がどれだけ変化するか確認するために測定しておきましょう。

  • 回線機器の確認

LANケーブル:LANケーブルには規格があります。CAT5・5e・6・7があり、ご自分が持っているLANケーブルに記載してある数字を確認してください。CAT5e以上なら通信速度が1Gbpsに対応しているので問題ありません。

無線LANルーター:昔の無線LANルーターの状態であると、最大通信速度が低い状態です。現在使用している無線LANルーターの型番を確認し、最大通信速度の数値を確認してください。特に300Mbps未満なら買い替える検討が必要です。

OS:先ほども触れましたがPCのOS、Windowsが10年以上前の98・XPなどは性能が古く、最新の環境になっていませんので、PCの買い替えをすすめします。中古PCなら3万円代でも動作が速くて快適です。

セキュリティソフト:無料版や有料版など複数のセキュリティソフトをインストールしている場合、セキュリティソフト自体が重いので、重複してインストールされているとかなりの重さです。1つに絞ることをおすすめします。

一度この時点で回線速度の実測値を確認しておき、それでも変化がない場合は、回線業者やプロバイダー業者の検討を行います。

  • 回線業者とプロバイダーの検討

口コミを確認すると「フレッツ光」に加入している方は通信速度が遅いと感じる口コミが多かったです。「フレッツ光」は加入者が多く、回線が混雑している状況が多いためです。

もし現在、「フレッツ光」の加入者で周辺機器に問題がなく通信速度が遅い場合は、口コミでも評判が高い回線業者及びプロバイダーの検討をおすすめします。

ただ、回線業者やプロバイダーによってはサービスできるエリアや階数制限がありますので、自分の環境に合った条件を確認する必要があることをお忘れなく。

さらに、最近では「IPv6」と呼ばれる接続法が通信速度が速いと話題です。

IPv6が速い理由・・・混雑する要素が少ないネットワークにIPoE接続をすることによって、今までの渋滞状況から緩和されてスムーズに動くことによって通信速度が速くなるというわけです。

従って、回線業者やプロバイダー業者の検討選択肢の中に「IPv6」接続も視野に検討することをおすすめします。

  • 最終計測

最終的に原因を突き止め、改善をした結果の回線速度を計測してみましょう。実測値と回線速度の速さが実感できれば問題解決です。

 

まとめ

 

使用頻度の高いインターネット生活。快適に使用できるはずが、夜に回線速度が遅いと無駄な時間と労力でストレスになります。

夜遅いと感じたらそれを機会に、すぐに原因を突き止めて改善し、快適なネット生活を心がけましょう。

 

フリーWiFiの危険性とは?セキュリティ対策が必要?

 

駅や空港、カフェや特定スポットで無料でWiFiができる場所が増えてきました。誰でも気軽に使えるWiFiは通信データ量を気にする方、屋外でインターネットを楽しむ方には非常に有難い存在ですが、その裏には危険性が潜んでいるのをご存知ですか?

今回はフリーWiFiの危険性とセキュリティ対策について紹介したいと思います。

 

フリーWiFiとその危険性とは?

 

フリーWiFiとは

フリーWiFiとは、WiFi(無線LAN)できる環境を無料で提供しているスポットで、誰でも気軽にWiFi対応端末でインターネットが楽しめる場所で公衆WiFiスポット、フリースポットなどと呼ばれることもあります。

なぜフリーWiFiは危険なのか?

フリーWiFiは危険と呼ばれている理由については以下のことがあげられます。

  • 簡単に通信内容が盗聴できる
  • なりすましアクセスポイント(偽WiFiスポット)がある

 

  • 簡単に通信内容が盗聴される

暗号化(特定のルールに従ってデータを分からなくする)されていないフリーWiFiスポットは簡単に通信内容が盗聴される可能性が高いです。例えばサイトの閲覧やメールのやり取りをする場合、閲覧しているURLやメールアドレスを簡単に取得することができます。

さらに気軽にできるネットショッピングなどをフリーWiFiでした場合、ログインする必要があるので、ID・パスワードを入力する必要があります。その情報を悪意ある人に盗聴されると、自分の知らない間に勝手にショッピングされて後に身に覚えのない高額な請求がくる可能性もあるので、注意が必要です。

  • なりすましアクセスポイントがある

実在するWiFiスポットまたはそれに似たWiFiスポット名を使って嘘のWiFiスポットを設置することによって、そこでアクセスした人の個人情報を盗んだり、さらに怖いのが、ウイルス感染も可能なので非常に注意が必要です。

ではどのように対策をすればいいのでしょうか?

 

フリーWiFiを使うためのセキュリティ対策とは?

 

便利なフリーWiFiをより安全に使うためにはセキュリティ対策が必要になります。どのようなセキュリティ対策を行えばよいのでしょうか?

  • 暗号化されたWiFiを利用
  • WiFiの暗号化セキュリティを知ろう
  • 盗聴されては困る通信内容は避けよう
  • サイトアクセスは「https」で始まるサイトにしよう
  • VPNを使おう
  • WiFi自動接続設定はOFF

1.暗号化されたWiFiを利用

無料WiFiを利用するとき、WiFiの設定画面を見ると

  • 暗号化鍵付きWiFi
  • 暗号化されていないWiFi

があります。この場合この「鍵付き」がポイントで、利用時にパスワードが必要になってきます。そのパスワードを入力することによりWiFiを介してインターネットに繋がります。

一方、暗号化されていないWiFiはパスワード設定の必要はなく、誰でも気軽にインターネットに繋がるので便利な反面、通信内容を盗聴される危険が高くなります。

ただし、鍵付きWiFiが100%安全では、ありません。例えばホテル滞在中でも鍵付きWiFiを利用することは可能ですが、パスワードが宿泊者に利用できるよう、明記してある施設もあるので、注意が必要です。

  • WiFiの暗号化セキュリティを知ろう

WiFiの暗号化して第三者の不正侵入を防ぐためにセキュリティ化してあります。その種類は3種類あり

  • WEP
  • WPA
  • WPA2

があります。WEP、WPAは昔の暗号でセキュリティが弱く、解読される可能性が高いため、「WPA2」が使用されている回線を選びましょう。

  • 盗聴されては困る通信内容は避けよう

個人情報やクレジットカード番号、ネット銀行などログインを必要とする重要な情報は盗聴、なりすまし利用される危険性が非常に高いので、フリーWiFiで行うのは避けましょう。

ちょっと調べものをするなどのサイト閲覧は、自分にとって問題ない範囲で利用する場合は便利ですので、インターネットを利用する前に自分がどんなことをするのか、重要性を確認してから利用しましょう。

  • サイトアクセスは「https」で始まるサイトにしよう

インターネットのURLをよく見ると「http」と「https」の2種類があります。これは

  • httpは通信内容が暗号化されていない
  • httpsは通信内容が暗号化されている

の違いで、インターネット検索サイトで検索した場合、URLが表示されますが、そのURLが鍵付きで「https」がついているサイトを閲覧しましょう。

VPNを使おう

VPNとはVirtual Private Network(バーチャルプライベートネットワーク)の略で訳すと「仮想専用線」という意味です。

これはフリーWiFiの危険性を回避するため、インターネット上に仮想の専用ルートを設け、安全性を確認(暗号化)した上で、これを利用することによって重要なデータなどのやり取りすることができるようになります。

通信内容のカプセル化という処理によって、インターネットを繋ぐ2者間が、トンネルを結ばれた感覚に似ていることから「トンネリング」とも呼ばれています。

VPNは有料、無料がありますが、有料VPNはセキュリティが高くなります。

6.WiFi自動接続設定はOFF

フリーWiFiスポットでは、WiFiの自動接続設定はOFFにしておきましょう。それは、WiFi自動接続をONにしておくと勝手に偽WiFiスポットに接続されてしまい、それに気づかず作業していると、盗聴など自分が自覚せずに被害に遭う危険性があります。

特にスマートフォンの設定は気づかずONになっている場合があるので、普段のWiFi自動接続設定はOFFにしておく意識が大切で安全です。

 

外出中でもより安全にインターネットをするために

 

フリーWiFiは無料で便利ですが危険性も潜んでいることを認識しておきましょう。さらに外出中でも、より安全にインターネットを楽しむためには有料ではありますが、安全な方法としては、

  • デザリングを利用する
  • モバイルWiFiを使う

を使用すると安全で快適なインターネットを楽しむことができますので、検討してみるのもいいですね。

 

WiFiとLTEの違いとは?

 

スマートフォンの左上画面を見てみると、WiFiのマークの時と3G、4Gの表示が出ている時があります。WiFiと3G、4GLTEの違いをご存知でしょうか?

今回はWiFiと3G、4GLTEの違いを解説し、上手に利用できる方法を紹介します。

 

WiFiとは

 

個人や企業などがインターネットをする際にネットワークを無線化するための通信規格のことです。WiFiには固定回線、モバイルWiFi、フリーWiFi、テザリングがありそれぞれ特徴があります。

固定回線

光回線やADSLを使って持ち家や集合住宅に電波を引き込むための回線工事を行います。その後、屋内にあるWiFiルーターと呼ばれる機器から電波を飛ばしスマートフォンをはじめ、PCやタブレット、ゲーム機器などのWiFi対応端末に無線でインターネットができるようになります。

個人家庭では、固定回線のWiFiルーターがあれば、複数の対応機器にインターネットが接続可能です。また家族との同時接続も可能なため世帯で使用する場合には便利です。

モバイルWiFi

ポケットサイズのWiFiルーターを持ち歩くことによって、屋内外問わずWiFi対応端末にインターネットが接続可能なので広い範囲でインターネットが使用できます。さらにモバイルWiFiは固定回線のように回線工事の必要はなく、簡単な設定ですぐにインターネットに接続できます。

ただ厳密に言うとモバイルWiFiルーターは3G、4GLTE回線のモバイル回線を使用していますが、回線業者と契約することにより、モバイルWiFiルーターを介してWiFiとしてネットに繋げるので、PCなどの端末にネットを繋げることが可能になります。

フリーWiFi

駅やカフェ、空港などWiFiが誰でもできるスポットを言います。無料で使用できるので気軽に使えますが、セキュリティ対策を施さないと、個人情報や機密性の高い情報を盗聴される危険があるので、使用する際は注意が必要です。

テザリング

スマートフォンをWiFiルーターとして使える機能を「テザリング」と言います。LTE回線の電波が届く範囲であれば使用可能なので、スマホのデザリング機能で外出中でもPCなどを使い方には便利です。

ただ、「テザリング」を利用してネットワークに接続した際のデータ量は、スマホのパケット定額プランに含まれているので、上限を超えると通信制限がかかります。

さらにdocomo以外のキャリアはオプション料金がかかりますので注意しましょう。

 

3G・4GLTEとは

 

3G、4GLTEは移動通信システムと呼ばれており、携帯電話に特化した電波通信の規格を言います。「G」は「Generation」世代の意味で第3、第4世代通信規格を表しています。

LTEは「Long Term Evolution」の略で当初は3Gと4Gの中間の世代とされていましたが、現在は「4G」の1つとして「LTE」という言葉に置き換えられています。

格安SIM

LTEを提供しているキャリアは「docomo、au、Softbank」なのでこの3社と基本契約する必要がありますが、最近では「MVNO」と呼ばれる格安SIMの登場により、大手キャリアが持つ通信設備を借り受け利用者に提供されるサービスが開始されたので、通信費用を安く利用することができます。

VoLTE

Voice overLTE(ボイスオーバーエルティーイー)の略で「ボルテ」と呼びます。いままでの通話サービスでは通話をしている際には通話回線に切り替えられるため、電話の呼び出しや通話中のデータのやり取りにタイムラグが生じ、時間がかかっていました。

しかしVoLTE対応のスートフォンなら高音質な通話や通話しながらのデータのやり取りがスムーズにできるので、外出中でも仕事を効率的にできるようになり、大変便利になりました。

 

WiFiとLTEの大きな違い

 

  • 通信範囲が違う

固定回線のWiFiの場合、元来光回線のネット通信を無線LANルーターで電波を無線化しています。そのため通信範囲が約数十メートルと狭く、また建物の障害にも弱いため、屋内での使用が主流です。しかしモバイルWiFiルーターがあれば、ルーター自体を持ち運びできるので、屋内外問わず利用することができます。

一方、LTEは全国の基地局から発信される通信電波でネットができるので、ルーターを持参しなくても屋内外問わずネットが利用できるので手軽です。しかし携帯電話に特化した通信規格であるため、携帯以外の端末は屋外では使用できません。

  • 通信制限

固定回線のWiFiは通信制限がなく無制限で使用できるので、1日中ネットを使う人には便利です。またモバイルWiFiは回線業者によって制限条件に違いがありますが、3日間で10G使用すると通信制限がかかりますが、その後も動画を問題なく閲覧できるレベルなので制限的には緩い条件です。

一方LTEは通常1G~7Gまでの通信制限ですが、さらにはギガ放題プランなら50Gという新プランもあるので、通信容量を多く使用する方はギガ放題プランがお得です。また通信制限がかかると128Kbpsと急速に速度が落ち動画やサイト閲覧に非常に時間がかかりストレスを感じます。

  • 通信速度

基本WiFiは光回線を使用した場合、安定的に速い回線を使用しているのでWiFiの方がインターネットの通信速度が速いです。しかしモバイルWiFiは、大元の回線に4GLTE回線を使用している場合、光回線と比較するとやや通信速度は劣ります。

4GLTE回線は年々進化し通信速度は速く上がってきてはいますが、環境、地域により速度差が大きくあります。電波状況が良好な場所では通信速度は速いですが、人が密集しているなどの場所は電波状況が混雑している可能性があるので通信速度が遅くなります。

 

WiFi、LTEの特徴を生かして上手に活用しよう

 

  • 通信データ量の節約

スマートフォンやPCを使用する場所をイメージしてみましょう。例えば家でスマートフォンをする場合、固定回線やモバイルWiFiがあればそちらを利用するスマートフォンのパケット定額プランを使わずに済みます。

また、通勤、通学中はLTE回線、会社ではWiFiと状況に応じて回線を切り替えると通信量の節約に繋がるので、通信制限を気にする方には便利な方法です。

さらに、自分の1か月あたり通信データ量を把握しておくと、どのプランにするのか目安が立てやすくなりますので、請求時の使用した通信量をよく確認しておきましょう。

  • 通信費の節約

通信データ量を多く使用すればそれだけ通信費は高くなります。しかし光回線などの固定回線なら場所は限られますが、通信データ量は無制限で使用でき、値段も固定なので、通信データ量を多く必要とする方にはおすすめです。

さらに、モバイルWiFiは回線業者によりますが、プロバイダー経由で契約すると通信費を安くすることができます。格安SIMと併せて検討するとさらに通信費を節約できます。

 

このようにWiFiとLTEの特徴を生かして、上手に利用して快適なネット生活を送りましょう。

 

WiFiとは?

 

WiFiという言葉。インターネットを使っている方は当たり前のように使っていますが、そもそもどんな意味でしょうか?一口にWiFiと言ってもWiFiを利用した機器もあります。

今回はWiFiとは何か?そしてWiFiの特徴を知ってさらに便利な機能を使って快適なネット生活を送る方法を紹介します。

 

WiFiとは

 

WiFiとはスマートフォンやタブレット、PCやゲーム機などWiFi対応端末を無線でインターネットにつなげる技術です。90年代Windows95や98が発売されていた時点では、有線LANでインターネットを繋げる時代で、有線LANコードの長さの範囲でしかインターネットは使えませんでした。

その後、無線LAN技術が確立されましたが、ユーザーが無線LAN機器を購入する際に、相互接続が保証されておらず、機器の購入の選択に迷いが生じていました。そこで無線で相互接続が予め認められた商品を「Wi-Fi」というブランド名をつけ、迷うことなく購入することができるようになりました。

 

WiFiがインターネットに繋がる仕組み

 

WiFiがインターネットに繋がる仕組みとして下記の3つが必要になります。

  1. 回線環境・・・光回線(フレッツ光・auひかりなど) ADSL ケーブルテレビ など
  2. WiFi親機・・・WiFiルーター、モバイルWiFiルーター
  3. WiFi対応子機端末・・・スマートフォン・タブレット・PC・ゲーム機など

対応エリアの範囲は回線業者によって決まっています。

固定回線の場合、自宅まで回線業者との契約で工事を行い、ネットができる回線を引き込み、宅内にWiFiルーターを設置してWiFi環境を構築します。そのWiFiルーターから無線で電波をとばしWiFi対応端末に受信されインターネットが繋がるという仕組みです。

また、モバイルWiFiの場合には回線工事の必要はなく、回線契約業者からモバイルWiFiルーターに直接WiFi環境を構築し、モバイルWiFiルーターから無線で電波をとばし、WiFi対応端末に受信されてインターネットが繋がります。

 

WiFiのメリット

 

  • 通信速度が速い

動画の視聴などで通信速度が遅いとストレスになりますが、WiFiを使用して動画を見ると動きが非常にスムーズでストレスなく視聴できます。

  • パケット通信量の節約になる

スマートフォンを契約する場合、1か月のパケット通信量の上限が決められているため、その上限を超えると通信制限がかかり、通信速度が非常に遅くなります。

固定回線の場合、通信量の制限はないため、自宅ではWiFi、外ではLTEと使い分けるとパケット通信量の節約になり、通信制限もかかりません。

  • 複数台の端末が同時に使用可能

WiFi対応端末はスマートフォンをはじめ、タブレット、PCなどに対応しています。例えば家族それぞれがインターネットを利用したい場合、そのすべての対応端末で同時に使用できるので、複数台で使用できるのは非常に便利な利点です。

  • WiFiを通してスマホと連動している電化製品を遠隔操作できる

最近の電化製品はWiFiを通してスマホと連動しているエアコンや冷蔵庫などに、遠隔操作ができるようになりました。特にエアコンはスマホで外出中に操作ができるので、外出から帰ってくるまでに室内が快適な室温に保たれているので生活がとても便利で快適になります。

 

WiFiを上手に活用するために

 

WiFiを上手に活用するためにそれぞれの特徴を紹介します。

1.固定回線

固定回線は回線工事が必要なため、インターネットを始めるために1か月ほどかかるのは難点ですが、非常に通信速度が速く、安定的にインターネットが繋がります。また家族でインターネットを同時に複数台使用が可能なので、世帯でインターネットをする方にはおすすめです。固定回線は

☑ 一戸建て持ち家の方

☑ 家族がいる世帯の方

☑ 自宅だけでインターネットをする方

☑ 安定した通信速度でインターネットをしたい方

☑ データ通信量を多く使用し通信制限を気にすることなくインターネットをしたい方

におすすめです。

2.モバイルWiFi

回線工事の必要はなく契約後すぐにインターネットが始められます。またWiFiルーターを持ち運べるため外出先で対応端末を多く使用される方は便利です。モバイルWiFiは

☑ 宅内・宅外場所を問わずインターネットを使用する方                     

☑ 単身世帯の方

☑ 引っ越しが多い方

☑ 通信費を節約したい方

☑ 出張が多い方

におすすめです。

4.WiFiデザリング

スマートフォンがWiFiルーターの代わりになり、外出先でもPCなどのインターネット利用が可能です。ただしバッテリーの消費が速いので、長時間のインターネットを使用する際には注意が必要です。WiFiデザリングは

☑ スマホよりPCで早くデータのやり取りをしたい方

☑ 通信費を抑えて外出先でPCを使ってインターネットがしたい方

☑ 外出先にて公衆WiFiスポット以外で緊急にインターネットが必要な方

におすすめです。

 

まとめ

 

WiFiは用途に応じて使い分ければ非常に便利でお得です。今後益々私達の生活を便利にしてくれるWiFiを上手に生かし、快適なネット生活を心がけていきましょう。