モバイルWi-Fiのメリットとは?デメリットは何?

 

皆さんは、モバイルWi-Fiをご存じでしょうか?最近では屋外どこでも簡単にインターネットを使って動画や音楽の視聴やファイルのアップロード、ダウンロードができますよね。しかし、通信量の制限や速度が遅かったりとなかなか快適に使えない時もあります。

そこで、これらのことをやろうと思ったときにより快適に行えるのがモバイルWi-Fiです。

でも、あまりご存じでない方もおられるとおもいますので、今回はモバイルWi-Fiのメリット、デメリットについてまとめてみたいと思います。

もしこれからモバイルWi-Fiの使用を検討している方や、あまり知らないという方の参考にしていただければと思います。また、すでに利用している方にも今一度メリット、デメリットについて確認していただければと思います。

 

モバイルWi-Fiとは

 

簡単に言うと、簡単な設定をしてあげるだけでインターネットに屋外でも自由に接続することができる機器です。

イメージとしては家にあるWi-Fiルーターが小さくなって外に持ち運べるという感じです。モバイルWi-Fiルーターとも言います。UQ WiMAXやポケットWi-Fiなどもその一つになります。

ポケットWi-FiはY!mobileが提供するモバイルWi-Fiであり、UQ WiMAXはUQコミュニケーションズが提供するモバイルWi-Fiです。それぞれ、通信形式は携帯電話回線、WiMAXと異なりますが、ポケットWi-Fiルーターからスマホやパソコンは同じようにWi-Fi接続が可能です。

また、そのほかにも各社様々なモバイルWi-Fiを取り扱っており、それぞれ料金プランや通信性能に差があります。(WiMAX回線で通信している場合、どの会社を選んでも通信性能に差はありません。)自分の生活に適したモバイルWi-Fiを検討することが必要となります。

 

モバイルWi-Fiを使うメリット

 

  • インターネットの使用がいつでもどこでも可能になる

スマホでもインターネットは使用できますが、通信制限がきになるところですよね。しかし、持ち運び可能なモバイルWi-Fiは、スマホのようにいつでもどこでも使用可能エリアであればインターネットを使うことができるようになります。

  • インターネットを回線工事無しで使用できるようになる

自宅や会社にインターネットをつなぐために必要な回線工事ですが、モバイルWi-Fiは携帯電話回線やWiMAXでインターネットに接続することができるので、面倒な回線工事も必要ありません。モバイルWi-Fiは簡単な設定をするだけでインターネットを屋外でも使用することができます。

  • 複数の機器をいつでもどこでも接続できる

家族みんなのパソコン、スマホ、プリンターなど複数機器を繋げることで、いつでもどこでもみんなが動画や写真の共有や音楽を聞くことが可能になります。

  • いつものスマホの通信速度を上げることができる

スマホでインターネットを使用する場合、4G(4G+)を使用していますが、モバイルWi-Fiの契約にもよるものの、スマホをモバイルWi-Fi接続に切り替えた方が通信速度は速くなります。データ量の多い音楽や動画などのファイルなどをやり取りするときにはモバイルWi-Fi接続した方がアップロードやダウンロードの時間を短縮することができます。

  • データ量節約になる

スマホでインターネットを使用する場合、パケット(通信料)が使用した分かかることになります。また、料金プランによって異なりますが。パケットには上限が設けられており、それを超えると格段に通信速度が下がってしまい、快適に使えなくなります。そこで、屋外でのスマホのインターネット接続の際にモバイルWi-Fi接続に切り替えることで、その間パケットを気にせず、使用することが可能になります。

 

モバイルWi-Fiを使うデメリット

 

  • 誰かにモバイルWi-Fiを無断使用される危険がある

LANケーブルで接続する場合と異なり、自宅でWi-Fiを使用するときと同じ危険があります。IDとパスワードが分かれば他者でも遠距離でなければそのモバイルWi-Fiに接続可能なため、注意が必要です。

  • 使用できないエリアがある

残念ながら、モバイルWi-Fiにも携帯電話やスマホと同じように使用可能エリアがあります。軽くて持ち運び便利なモバイルWi-Fiですが、使用できるエリアかどうか事前に確認が必要になりますので、自宅や会社の場所が怪しい場合は確認するのがおすすめです。

  • データ量の使用制限がある

色々なモバイルWi-Fiがある中で、スマホのように通信制限があるものがあります。その通信制限を超えると格段に通信速度が遅くなってしまいます。料金プランによって、WiMAXのギガ放題プランなど無制限のものもあるので、自分に合った契約を検討するのがおすすめです。

 

まとめ

 

使用しているスマホの通信速度を上げたり、通信制限を気にせず使えるようになるというのは誰でもうれしい点ではないでしょうか。また、自宅にインターネットを新規でつなげるときには工事不要な点もうれしいです。ただ、デメリットもあるので、モバイルWi-Fiを導入する際にはよく検討する必要がありそうです。

 

モバイルWiFiとテザリングの違いとは?

 

インターネットを外出中でも使用したい人も多いはず。スマートフォンのみならず、タブレットやPCを使用する状況もあります。

そんな時、WiFi対応端末にインターネットを繋げる機能して便利なのがモバイルWiFiとテザリング機能。しかしこの2つの機能、どちらを使うと得なのか迷う方も多いはず。今回はモバイルWiFiとテザリングの違いでどちらが自分にあってお得なのか?を紹介いたします。

 

モバイルWiFi・テザリングとは

 

モバイルWiFiとは?

モバイルWiFiとは「WiFiルーター」と呼ばれるポケットサイズの機種を携帯することによって、屋内外問わず対応エリア内ならWiFi対応端末にインターネットを繋げる機器のことです。

モバイルWiFiは、取り扱う回線業者と新たに契約する必要があるので、月々の支払が¥3000以上必要になります。

テザリングとは?

テザリングとはスマートフォンの通信機能を使って、WiFi対応端末にインターネットを繋げる機能でスマートフォン自体がWiFiルーターの役割をします。

テザリングはスマートフォンのオプションで追加できる機能なので、無料またはオプション料として¥500~支払えば屋外でもWiFi対応端末にインターネットを繋げることができます。

 

モバイルWiFiのメリット・デメリット

 

モバイルWiFiのメリット

  • 通信速度が速い

モバイルWiFiの通信速度は、UQWiMAXを例にした場合、下り速度(動画の閲覧などする場合の速度)が最大225Mbps、WiMAX2エリアの場合は下り最大速度440Mbpsに対応しています。

この速度は動画の視聴などストレスなくできるので、外出先でも快適にインターネットが使用できる速度です。

  • 通信量が無制限に対応している

WiMAXのギガ放題プランは通信量が無制限で使用できます。厳密には3日間で10G使用すると通信制限がかかりますが、回線業者によっては決まった時間帯で使用した場合との条件があるので、比較的通信速度制限が緩いので、通信量はある程度気にせずインターネットが使用できます。

  • 通信制限がかかっても問題なく使える

UQWiMAXのギガ放題プランの場合、通信制限がかかっても1Mbpsの通信速度であるため、この速度は問題なくYouTubeの視聴の可能なため、たとえ通信制限がかかってもストレスがありません。

モバイルWiFiのデメリット

  • WiFiルーターを充電する

WiFiルーターを常に携帯しておくので、スマホとは別にWiFiルーターを充電しておく必要があります。充電切れの場合、全く使いものにならないので、屋外でスマートフォンを使用する場合はLTE回線で使用、PCなどを屋外で使用する場合にはWiFiスポットを探すなどの必要があるので、注意が必要です。

  • 縛り期間と解約料

モバイルWiFiの契約期間が2~3年と縛り期間があり、その契約期間内で解約すると高額な解約料がかかります。また契約更新月も1か月と短期間なので忘れてしまう可能性もあります。更新月のスケジュールや契約内容をしっかり把握しておく必要があります。

 

テザリングのメリット・デメリット

 

テザリングのメリット

  • 荷物が少ない

荷物を持って外出する場合、スマートフォンは必ず持ち歩くという方も多いはず。スマートフォンがあればある程度のことは、事足りる場合が多いです。そのスマートフォンだけで外出中のPCなどをインターネットに繋がることができるので、荷物が最小限で済みます。

  • 新たな端末料や契約がいらない

スマートフォンのみの契約でテザリングをオプションとして追加するだけで簡単にテザリングができます。また、スマートフォンとは別の端末代金も発生せず、無料またはオプション料のみの通信料金なので、通信料の節約になります。その分、通信容量を増量することもできますね。

テザリングのデメリット

  • バッテリーの消費が激しい

テザリングを使ってインターネットを接続するとき注意したい点がスマートフォンのバッテリーの消費が非常に高いことです。PCなどテザリングでインターネットを長時間繋いだ場合はモバイルバッテリーを携帯しておくなどの対策が必要です。

  • 通信量が多くかかる

スマートフォン自体がWiFiルーターの役目を果たすテザリングは、動画の視聴などの通信容量を多く必要とする場合、スマートフォンの契約が大容量プランでないと通信制限がかかりやすくなります。通信制限がかかった場合、インターネットの閲覧もストレスが溜まるほどの通信速度が低下するので注意が必要です。

  • 通話中は利用できない

外出先でテザリング中のスマートフォンが通話中になると、インターネットが繋がらなくなります。特にテザリングでPCを使って仕事をする場合、通話しながらのデータのやり取りが必要な場合は不可能になり、再度データのやり取りをする必要があるので注意が必要です。

  • 通信速度が遅い

LTE回線を使ったスマートフォンでインターネットを閲覧した場合と、テザリング機能を使ってPCやタブレットでインターネットを閲覧した場合、テザリングは通信速度が遅いと感じることが多く、快適にインターネットを閲覧することができないためストレスを感じます。また、駅や空港など大勢の人がアクセスするスポットは電波が干渉して繋がりにくくなります。

 

モバイルWiFiをおすすめする方

 

☑ 通信容量を多く必要とする動画の閲覧などが多い方

☑ PCやゲーム機などのWiFi対応端末を通信量を気にせず楽しみたい方

☑ 通信速度が速いので、ストレスなくインターネットをしたい方

☑ 出張などの外出先で長時間PC、タブレットなどでインターネットをする方

☑ スマホのバッテリーを気にせずにインターネットをしたい方

☑ 通信制限の管理ストレスなくインターネットがしたい方

 

テザリング機能をおすすめする方

 

☑ PCやタブレットを使って外出先でインターネットをする場合、短時間だけ利用したい方

☑ 通信費を節約したい方

☑ スマートフォンの契約が大容量プランなどで、上限内で通信容量が賄える方

 

まとめ

 

インターネットを普段多く必要とする方は、断然モバイルWiFiをおすすめいたします。特に仕事での作業効率も上がり、快適にストレスなくインターネットができる環境ができるからです。

逆にインターネットをスマートフォン以外で外出中短時間使用する場合は、荷物が少ないテザリング機能が便利です。

普段の生活場面を想定して、自分にとってどちらがお得かしっかり確認しておくと快適なネット生活が送れます。

 

モバイルWiFiとは?

 

モバイルWiFiをご存知でしょうか?モバイルWiFiは「WiFiルーター」と呼ばれるポケットサイズの端末を持ち歩くことによって、対応エリア範囲内なら屋内外問わず、インターネットが楽しめる通信端末です。

そのモバイルWiFiの特徴をよく知るとお得にインターネットが楽しむことができます。

 

モバイルWiFiの特徴

 

モバイルWiFiには大きな特徴が6つあります。

  • 回線工事の必要なくすぐにインターネットが楽しめる
  • 屋内外問わず、対応エリア内なら場所を選ばずインターネットが使える
  • 通信制限の条件が緩く、通信速度も高速
  • WiFi対応の端末なら複数台同時にインターネットが使える
  • 配線を繋ぐ煩わしさがなく簡単設定でインターネットが繋がる
  • 引っ越しの際に手続きが簡単

 

  • 回線工事の必要なくすぐにインターネットが楽しめる

光回線など固定回線を契約した場合、回線工事の必要があり、実質インターネットが繋がるまでに1か月を要する場合があります。

また、固定回線の場合、工事費が別途必要な場合があるので、通信費も高くなります。しかしモバイルWiFiの場合、契約後即日でインターネットができるので、今すぐインターネットが必要な方には便利です。

  • 屋内外問わず、対応エリア内なら場所を選ばずインターネットが使える

モバイルWiFiは、WiFiルーターと呼ばれるポケットサイズの端末を携帯することによって、対応エリア内であれば屋内外場所を選ばずインターネットができます。

一方固定回線の場合はエリアが狭く、家の中と限られた場所でしかインターネットができません。またWiFi公衆スポットもありますが、そのスポットも限られた範囲でしかネットができないので、屋外でもすぐにインターネットが必要な方はモバイルWiFiは非常に便利です。

3.通信制限の条件が緩く、通信速度も高速

契約回線業者にもよりますが、「月間通信料を無制限」にする契約をすると、実際は3日間で10Gbpsした場合には通信制限がかかりますが、制限がかかったとしても1Mbpsほどの通信速度なので、YouTubeの視聴は可能な通信速度です。

また、LTEとWiFiを用途に応じて上手く使い分けるとデータ通信量を節約できるので便利です。さらに通信速度も高速なのでストレスなく動画視聴も可能です。

  • WiFi対応の端末なら複数台同時にインターネットが使える

LTE回線は携帯電話に特化した回線に対し、モバイルWiFiはスマートフォンをはじめ、タブレットやPC、ゲーム機などの複数のWiFi対応端末にインターネットが使用可能なため、同時に使用しても問題なくできます。家族でインターネットを楽しみたい方やPCをしながらスマートフォンを使用したい方などには便利です。

  • 配線を繋ぐ煩わしさがなく簡単設定でインターネットが繋がる

固定回線の場合、LANケーブルを繋いでインターネットができる環境にするため、WiFiルーター周辺は配線だらけになります、しかしモバイルWiFiの場合、配線を繋ぐ煩わしさはなく、設定も簡単ですぐにインターネットができるので、手軽にネット生活ができるのは大変便利です。

  • 引っ越しの際に手続きが簡単

引っ越しが多い方は住所変更のみで簡単に手続きができます。転勤族の方、賃貸の住まいの方には非常に便利です。

 

まとめ

 

モバイルWiFiはインターネットができる環境が屋内外問わずさらに高速でストレスなくできるので最近は非常に人気です。また、しっかり事前調査をしていればお得に失敗せずに選ぶことができます。

快適なインターネット生活をするためにも慎重に選びましょう。